t2016_01_11_a_taco_staff01




t2016_01_11_a_entame_Info2401
第7話「始発電車が来るまで(大阪城公園駅)」では、大阪を拠点に活動するアイドルグループたこやきレインボーの清井咲希(16)がドラマ初出演する。舞台あいさつに出席した清井は「女優として演技に挑戦してみたいという夢がありました」とコメント。
波瑠にらんだ中山義紘「光栄」大阪環状線ドラマ出演 - 芸能 : 日刊スポーツ

t2016_01_11_a_SportsHochi01
一方、女優デビュー作で初主演する清井は、「いつもは5人のグループでワーキャー言っているんですが、今回は沈黙が多いドラマで、気持ちの切り替えがすごく大変だった」と収録を振り返った。
中山義紘、朝ドラ効果を期待? : スポーツ報知

t2016_01_12_a_oricon01
若手キャストがドラマをアピール 舞台は大阪環状線 | ORICON STYLE

t2016_01_12_a_mn_all01
清井は他のエピソードに出演する関西出身の若手俳優陣、中山義紘、井上拓哉、鎮西寿々歌とともに試写会の舞台挨拶に登壇。「いつもは5人で活動していますが、今日は1人なのでめちゃめちゃ緊張してます!」と初々しいコメントで会場をなごませた。

清井の役どころは家出少女。「たこやきレインボーではいつもワーキャー言ってるんですけど、ドラマでは沈黙のシーンも多い静かな役で、気持ちの切り替えが大変」と役作りの苦労を語り、撮影現場でも「めっちゃ緊張!」していたというが、共演のベテラン俳優・やべきょうすけが「休憩時間にいっぱい話しかけてくださったので緊張もほぐれて、楽しく撮影ができました」とニッコリ。家出少女と逃亡犯がひょんなきっかけで出会い、心を通わせる姿を描く出演作を「2人が自分の過去や思いをぶつけ合って、自分の生き方を見つけていくお話。みなさんも共感できるところがあると思うので、ぜひ見てください」とPRした。
たこやきレインボー・清井咲希が女優デビューに「めっちゃ緊張!」 | マイナビニュース


t2016_01_11_a_osakajokoen_txt_message1
大阪城公園駅:大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語│ドラマロケ地紹介&出演者メッセージ紹介:JRおでかけネット

t2016_01_11_a_taco_staff01
大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 | 関西テレビ放送 カンテレ



t2016_01_11_a_osakajokoen02
理事長にたこ虹の中で一番女優向きといわれたさきてぃ。
「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 第7話 始発電車が来るまで」は
2/23(火)深夜25:55からKTV関西テレビで放送です!
(≧∇≦)





2016年01月11日18:10
たこやきレインボーまとめ たこ虹速報 たこ速