t2017_04_04_a_021

たこやきレインボー メジャー3rd.シングル『RAINBOW ~私は私やねんから~』ミュージックビデオが4/2(日)14時からYoutubeで公開されました。

たこやきレインボー(通称 たこ虹)」は「ももいろクローバーZ(通称 ももクロ)」の妹分」、「スターダストの最終兵器」というキャッチフレーズで活動している関西在住の高校生5人組アイドル。

彼女らの歌う新曲『RAINBOW ~私は私やねんから~』ミュージックビデオはこれまでのアイドルソングの枠を越え、多くの人たちの心に爪跡を残す名作と感じたので当記事で紹介します。
(MVをもとにした文字起こしのため、記載歌詞は実際のものと異なる場合があります)



たこやきレインボー / RAINBOW~私は私やねんから~ - YouTube



t2017_04_04_a_001
軽快な曲調ではじまる「RAINBOW ~私は私やねんから~」。
『いろんな色々あってもええやん!英語で言ったらダイバーシティ(多様性)!
『Happy?Happy!Say Happy!!!!!』
元気に歌う姿はヒャダイン氏が得意とする明るい王道的アイドルソングのような印象。
ですがMVが進んでいくとともに予想とは少し違ったストーリーが展開していきます。

t2017_04_04_a_002
『ありのままの自分やったら みんなから嫌われてまう 作りあげた自分ちゃう自分で 今日もやり過ごす』
清井咲希(さきてぃ)は大の漫画アニメ好き。

t2017_04_04_a_003
頭の中は二次元キャラで埋め尽くされているオタクっぷりがSNSでいじめられてしまいます。

t2017_04_04_a_004
『なんで人とちゃうんのやろ?同じになれへんのやろ?』
彩木咲良(さくちゃん)春名真依(まいまい)は互いに好意を持つ高校生。

t2017_04_04_a_005
二人の気持ちを知らない男子生徒に間に入られて雲行きは怪しい方向に。

t2017_04_04_a_006
『突然雲間に光る太陽 空を突き刺す色とりどりの 虹の色になぜだろう 涙が止まらへん』
根岸可蓮(れんれん)はお洒落でダンス好きな女の子。

t2017_04_04_a_007
楽しく踊っているところに周りから足並みを揃えるよう強要され個性は消されてしまいます。

t2017_04_04_a_008
『私は私でええのかな?好きは好きでええのかな?』
堀くるみ(くーちゃん)はアイドルになることをひそかに夢見る高校生。

t2017_04_04_a_009
ですが親には言い出せず受験ストレスに押し潰される寸前。

t2017_04_04_a_009b
『今はまだわからへんねんやで たくさんつらいけど 白でもない 黒でもない 虹色の世界 虹色の自分 笑える日がぜったい来んねんから!』
自分の苦しみを訴える5人。

t2017_04_04_a_010
『なんで生まれてもうたんや 少し呪ったりしたな 自分の中の 脈を打つ感情 またごまかした』
2番(Aメロ)で集団に埋もれてしまったれんれんの前に突如あらわれたLGBTの男性。

t2017_04_04_a_011
制服を脱ぎ捨ててふたたび自由でいられるように元気づけます。

t2017_04_04_a_012
『あなたらしくいればいいなんて 無責任に言わんといたって 虹のように鮮やかに そりゃあ生きてみたい』
もぐら叩きで言い寄ってくる男子生徒をはねのけた(カミングアウト?)さくちゃん。

t2017_04_04_a_013
まいまいはその気持ちを受け入れ相思相愛に。

t2017_04_04_a_014
『どこかひとつだけでええねん 誰かひとりでええねん この私 私だって!ただそれで許される場所』
友達になろうと届いたSNSの声に救われるさきてぃ。

t2017_04_04_a_014b
『他人の視線は気になるよ 声が胸をえぐる だけどもう 責めたあらへん』
れんれんは最初から最後まで学生服を着ていませんが、これは服装が彼女を構成する上で重要な要素だと表現しているのではないでしょうか。

t2017_04_04_a_015
『たった一度の 人生ねんもん 自分の色で輝いていたい』
勇気を出して路上ライブに挑んだくーちゃんは周りから歓声を受けてアイドルへの夢を取り戻します。

t2017_04_04_a_016
『私は私でええんやね?好きは好きでええんやね?』』

t2017_04_04_a_017
『この命 この身体 もう認めてあげてええんやね!』

t2017_04_04_a_018
『白でもない 黒でもない』

t2017_04_04_a_020
『虹色の世界 虹色の自分 笑える日がぜったい来んねんから!』

t2017_04_04_a_021
『愛の色 いろいろ レインボー!』
それぞれの多様性(ダイバーシティ)を受け入れられた5人。
世界中の人たちと笑顔で歌いあげるハッピーエンドでミュージックビデオ終了。



近年スターダストプロモーション所属の女性アイドルは握手会はあるものの(ももクロ除く)、積極的な接触商法よりもライブ中心シフトを目指す運営方針。
楽曲も同様で恋愛ソングは少なかったのですが、この新曲『RAINBOW ~私は私やねんから~』歌詞やミュージックビデオ映像を紐解いていくと趣味趣向やライフスタイルだけでなく、誰もが必ず直面する身体的な性の問題まで深く踏み込んでいることがわかります。

海外で「虹色(RAINBOW)」は「LGBT」といわれる性的越境者のシンボルカラー。
たこやきレインボーは結成発表時、関西在住レッスン生7人が在籍。
後々ももクロのようなメンバーカラーを想定したことから「関西名物(たこやき)+七色(レインボー)」と名づけられました。
LGBTと関連させる意図はありませんでしたが、今回作詞作曲を手がけたヒャダイン氏(前山田健一)はブログでこう書いています。

2016年の一年間で何があったのかわからないけど、各人のスキルが急成長しました、たこ虹。
ガンガン歌えるグループになりました。

ファーストアルバムをまるっと監修させてもらい
次のシングル、どうすっかなー、と考えた時、そろそろ、彼女たちのチーム名「RAINBOW」
この言葉を深掘りしてもいいのでは、そう考えました。

近年の、多様性や個性を認める社会の変化、
一方で、個人レベルでは尽きない消せないコンプレックスや自信のなさ。
そういった葛藤の中、虹のように鮮やかに生きてみたいという

人間としての強さをたこ虹の5人と表現しました。

[引用]
たこやきレインボー新曲「RAINBOW〜私は私やねんから」

たこやきレインポーは関西在住レッスン生を集めて2012年に結成されたユニットでした。
上は中学2年生、最年少の彩木咲良は小学5年生という幼なさでパフォーマンスも初々しく、この時点ではデビューどころか活動がいつまで続くのかさえも決まっていない、不安定なスタートだったと後に明かされています。



2013年 自社インディーズレーベルによる関西限定シングル「オーバー・ザ・たこやきレインボー」発売。
歌詞に関西弁を取り入れ、持ち前の明るい関西っ子らしいトーク力を備えた彼女たちは2014年には西日本限定シングル発売するなど少しずつ活躍の場を広げつつある中、同年5月メンバーカラーを赤とする奈良崎とわの脱退発表。
6月に脱退イベントが行われ、堀くるみがリーダーとなり5人の新体制がスタート。



アイドル戦国時代といわれるほど盛り上がりを見せていたアイドルシーンですが、関東を活動拠点とするグループと比べて地方拠点グループはどこも集客に苦戦している現実があります。



それでもメンバー一丸となって努力と研鑽を重ね、人気と実力をつけてきた彼女たちは2016年にavextraxより念願のメジャーデビュー。

2枚のメジャーシングルを経た初アルバム「まいど! おおきに!」は高評価を得ることができました。
しかしながら販売方法(価格設定)を見誤ってしまったのか、アルバム売上はオリコントップ10を下回る順位になってしまい、大人の事情に振り回されたような状況にメンバーは困惑を感じた年だったのかもしれません。

なんか最近自分の中で色々うまく整理できてないところがあって、それは1番相談したい大人になかなか相談できない悩みで
大人と同じ方向を向いているようで向いてないんじゃないかとか、自分たちの本当にしたいことがきちんと伝わっているのか分からなくて、

でもそんなこと相談しても仕方ないから自分の中で浄化するしかないと思っていたんですけど

自分たちの力で気持ちを伝えたしゃちほこちゃんの姿を見て、私の悩みに答えを出してくれたような気がしました

[引用]
ツインテール♪←くるみ(*^^*)(堀くるみ)

ほんまに内容が濃い一年やったなって
周りの状況がいっぱい変わって
いろんな新しい景色を見ることが出来た、
夢を叶えることが出来た1年でした!

でも、正直私には葛藤して悔しい1年だったんです
嬉しいはずやのに、喜べるはずやのに、
心から喜べてない自分がどこかにいて

ほんまに嬉しいこといっぱいあった!

あったはずやけど、
そのぶんいろんなことを考えてしまって
実際嬉し涙より悔し涙の方が多かったんですよ

[引用]
ハイッ!まいまいです~なにわン感想後半!編~(春名真依)

想いを歌い伝えることは難しいことですが、高い歌唱力とダンスパフォーマンスを身につけ、いま成長した彼女たちだからこそ挑むことができた楽曲「RAINBOW ~私は私やねんから~」。

長く続いた雨雲を吹き飛ばし、たこやきレインボーの目指す「幸せの虹」にまた一歩近づくための心強い武器になることは間違いないでしょう。

『RAINBOW ~私は私やねんから~』
(作詞作曲:前山田健一)

70億人 レインボー!
男も女も レインボー!
根暗も根明も レインボー!
ニッチもメジャーも レインボー!
愛の色 いろいろ レインボー!

いろんな色々あってもええやん!(それそれそれそれ!)
英語で言ったらダイバーシティ!(それそれそれそれ!)
みぃんな違って みぃんなええやん!(それそれそれそれ!)
Happy?Happy!Say Happy!!!!!

ありのままの自分やったら みんなから嫌われてまう
作りあげた自分ちゃう自分で 今日もやり過ごす
なんで人とちゃうんのやろ?同じになれへんのやろ?
モノクロの雨空を 少しだけ睨んだ

突然雲間に光る太陽 空を突き刺す色とりどりの
虹の色になぜだろう 涙が止まらへん

私は私でええのかな?好きは好きでええのかな?
この命 この身体 もう認めてあげてええのかな?
今はまだわからへんねんやで たくさんつらいけど
白でもない 黒でもない
虹色の世界 虹色の自分 笑える日がぜったい来んねんから!

70億人 レインボー!
男も女も レインボー!
根暗も根明も レインボー!
ニッチもメジャーも レインボー!
愛の色 いろいろ レインボー!

いろんな色々あってもええやん!(それそれそれそれ!)
英語で言ったらダイバーシティ!(それそれそれそれ!)
みぃんな違って みぃんなええやん!(それそれそれそれ!)
Happy?Happy!Say Happy!!!!!

なんで生まれてもうたんや 少し呪ったりしたな
自分の中の 脈を打つ感情 またごまかした

あなたらしくいればいいなんて 無責任に言わんといたって
虹のように鮮やかに そりゃあ生きてみたい

とこかひとつだけでええねん 誰かひとりでええねん
この私 私だって!ただそれで許される場所
他人の視線は気になるよ 声が胸をえぐる
だけどもう 責めたあらへん
たった一度の 人生ねんもん
自分の色で輝いていたい

私は私でええんやね?好きは好きでええんやね?
この命 この身体 もう認めてあげてええんやね!
今はまだわからへんねんやで たくさんつらいけど
白でもない 黒でもない
虹色の世界 虹色の自分 笑える日がぜったい来んねんから!

70億人 レインボー!
男も女も レインボー!
根暗も根明も レインボー!
ニッチもメジャーも レインボー!

70億人 レインボー!
男も女も レインボー!
根暗も根明も レインボー!
ニッチもメジャーも レインボー!
愛の色 いろいろ レインボー!

心が折れてしまいそうな苦しみを抱えている人、そしてかつて抱えていた人にも。
この歌声がどうか届きますように。


RAINBOW ~私は私やねんから~(Sunday DiscoveryVer.)
たこやきレインボー
avex trax (2017-05-10)
売り上げランキング: 21,100

2017年04月04日08:02
たこやきレインボーまとめ たこ虹速報 たこ速